脳科学を動画に応用する方法

脳科学×動画マーケッターの佐藤です。

シンプルに作れる動画から
質の高いお客様を集客できたら
嬉しくないですか?

それを実現するためには、
脳科学と動画を融合する必要があります。

そもそもの話になりますが、
これから集客を安定的に
伸ばしていくためには、
動画集客は必須です。

逆に動画が扱えない人は
ますます集客できなくなっていきます。

さらに、ただ適当に動画を作るだけでも
残念ながら集客は伸びません。

『でも、難しいことはできない。。。』

だったら脳科学を融合してください。

科学的に根拠のあるデータを
活用することで、
簡単でシンプルに作れる動画でも
反応を取ることができるようになります。

では、どのようにして脳科学を
融合していくかということですが、
今日は1つ重要なポイントを公開します。

まず動画の構成ですが
これは他の記事で詳しく書きますので、
詳しくはそちらをご覧ください。

動画の構成として1番大切なのは、
1動画1メッセージということです。

そのメッセージの伝え方が
非常に大切になるわけですが、

動画にこのメッセージを融合して、
実際にこのメッセージを届けるためには、
脳科学のデータに基づいて伝える必要があります。

その具体的なやり方ですが、
ポイントは2点です。

・とにかくシンプルなメッセージにする。

・メッセージは動画の中に3回入れ込む。

この2つのポイントを
理解した上で
作成していく必要があります。

まず、シンプルなメッセージに
するということですが、

例えば、
・簡単に作れる動画で集客3倍アップ!
ニューロ動画集客講座

・たった3分で作成できる動画を作るだけで、
簡単に集客が3倍アップするニューロ動画集客講座

この場合、シンプルなのは上になります。

長ったらしいメッセージだと、
脳が情報を処理するのに負荷がかかり、
理解してくれません。

一度聞いたら、すぐに処理できる
シンプルなメッセージがいいですね。

そして、
このメッセージを動画の中に
3回入れ込んでください。

3回入れ込むことによって、
このメッセージをあたかも
現実化のようにとらえて
もらえるようになるからです。

・簡単に作れる動画で集客3倍アップ!
ニューロ動画集客講座

例えば、このメッセージの場合、
ニューロ動画集客講座に入れば、
簡単な動画を作るだけで、
集客が3倍アップする。

という形で確信を
持たせることができます。

ですので、講座に
参加してもらえる可能性が
高くなります。

動画に脳科学を応用していく上で、
まず必要なのがこの2つです。

もっと言ってしまうと、
シンプルなメッセージではなく、
動画を全体的にシンプルな
作りにしたほうがいいです。

人は情報を認知するときに
認知的コストというものがかかります。

認知的コストがかかるのに対して、
私たちの脳みそは非常に怠け者です。

つまり、難しい情報は
脳が拒絶して受け入れません。

例えば、
字がめちゃくちゃ細かい
取り扱い説明書は読みたくないですよね?

逆に、大きな文字と図で解説している
取り扱い説明書であれば、
読みやすく、いやにはならないと思います。

動画も同じです。

考えてみてわかる動画ではなく、

対して考えてみなくても
自然と情報が入ってくるような
状態が理想です。

例えば、アップルの
CMとかがいい例ですね。

このCMはiPhoneのカメラは
素晴らしというのがメッセージで、
すごくシンプルな構成になっています。

そして、何も考えずに見ていたとしても
見終わると自然と、
iPhoneのカメラは性能が良い
ということが頭に刷り込まれていると思います。

こう言ったシンプルな構成だと
認知的コストを抑えて、
長時間見てもらえますし、
メッセージがしっかりと伝わります。

このように脳科学のデータや知識に基づいて
なぜ、シンプルがいいのか、
3回メッセージを入れ込むのか
といったことを明確はした上で、
動画を作っていくとより早く
成果を手に入れることができますよ。

脳科学×動画の最強集客をマスターできる!